FC2ブログ
2008-10-02(Thu)

「アフリカ・レポート」読了

アフリカ・レポート―壊れる国、生きる人々 (岩波新書 新赤版 1146)アフリカ・レポート―壊れる国、生きる人々 (岩波新書 新赤版 1146)
(2008/08)
松本 仁一

商品詳細を見る

本書ではアフリカの約10カ国についてレポートしている。私はザンビアに住んでいたが、本書では現れてこない。ジンバブエは独立以前はローデシアといわれていて、北ローデシアがザンビアに、続いて南ローデシアがジンバブエとして独立した。ジンバブエは10年ほど前に一度訪れたことがあるが、経済的に豊かで、(本書で豊かだった時代にジンバブエについても言及している)このままで行けばジンバブエの未来は明るいと思われた。ジンバブエで初めてゴルフをしたのはいい思い出だ。そのジンバブエはスーパーインフレとムベキ大統領の独裁で今は混乱のきわみともいえる。
南アフリカのレポートも興味深い。南アフリカは今度のワールドカップの開催国であり、ワールドカップが成功すれば、2020年のオリンピック開催もありうる。しかし治安の悪さはあまり改善していないようだ。このままではワールドカップでどのような事件が発生するか知れない。日本人観光客が強盗殺人に会うのは十分予想されることだ。それも一人とか二人とかではなく、何十人という規模になるかもしれない。
本書は中間レポートというような位置づけらしいので、また新しい情報とか本書で紹介していないような情報など、これからのアフリカの状況のリサーチも行うようなので、次回作も期待したい。

スポンサーサイト



trackback url


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

trackback

「アフリカ・レポート」読了

「アフリカ・レポート」読了 ザンビアはレポートされてなかったけど、現代アフリカを知るにはいい本。FC2ブログのほうで記事にしています。

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

プロフィール

ふるふる

Author:ふるふる
FC2ブログへようこそ!

広告
最近の記事
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
最近のコメント